フィッシング詐欺被害



1.当社を装う電子メール、偽サイトにご注意ください

【メールの場合】

メールに個人情報の入力を要求する記述がないか確認してください 。

当社では、 メール本文に直接お客様のお名前、ご住所、電話番号やクレジットカード番号・有効期限・暗証番号、銀行口座番号などの重要な個人情報を指定してお伺いする記載はありません。 お客様が受信されたメールの文中に、上記の個人情報を指定して入力を要求する文があれば、そのメールは当社を装うメールと考えられます。このようなメールを受け取られた場合は無視してください。

【サイトの場合】

個人情報の入力画面では、ページのアドレスが「https://」にて始まっていることと、SSL証明書の鍵マークを確認してください。

SSL証明書のドメインとアドレスバーのURLのドメインが一致するかを確認します

鍵マークをダブルクリックしてサーバー証明書を表示し、メルアド宅配便(www.mailaddbin.com)のドメインが書かれていることをご確認ください。

SSL確認

【メール、サイト共通】

フィッシング対策協議会のWEBサイトにて、受け取ったメールや訪問したWEBサイトが詐欺事例に該当していないかを確認します。

「あやしいな」と思ったら、それはすでに報告されているフィッシング詐欺事例かもしれません。フィッシング対策協議会のWEBサイトにて報告されている事例と比較してみてください。   

「フィッシング対策協議会とは、フィッシング詐欺の情報を集約し提供している団体です。
https://www.antiphishing.jp/


2.被害にあわれた場合

【メルアド宅配便】へご連絡いただき、以下の対応を行ってください。

【銀行などの口座情報、暗証番号などを偽サイトに入力してしまった】

  1. 被害にあった口座の銀行に連絡(Webサイトのヘルプデスク、相談ダイヤル)
  2.   
  3. 金銭被害があった場合は警察サイバー犯罪相談窓口に連絡
  4.   
  5. 国民生活センター、または消費生活センターに連絡

【クレジットカード番号などの情報を偽サイトに入力してしまった】

  1. 被害にあったクレジットカード会社へ連絡(カードの裏に書いてある電話番号、Webサイトの専用連絡先)
  2.   
  3. 金銭被害があった場合は警察サイバー犯罪相談窓口に連絡
  4.   
  5. 国民生活センター、または消費生活センターに連絡

【SNS、WebサービスのID、パスワードを偽サイトに入力してしまった】

  1. 直ちに自分のアカウント情報を入力したと思われる本物のサイトにログインをし、パスワードを変更を行う。
  2.   
  3. アカウントが乗っ取られてパスワードが変更され、ログインできない場合
      「パスワードを忘れたら」からパスワードの再発行を行い、アカウントを取戻す。
  4.   
  5. 金銭被害があった場合は警察サイバー犯罪相談窓口に連絡
  6.   
  7. 国民生活センター、または消費生活センターに連絡